日本の道具2 涼の器と夏のしつらえ 6月9日(木)~7月11日(月) 16.06.02

日本の道具2 涼の器と夏のしつらえ 6月9日(木)~7月11日(月)

作り手と売り手をつなぐ「ひとり問屋」として、日野明子氏がこれまで日本中を巡って出会ってきた日本の道具。昨年に続いて二回目となる本展示では、夏の食卓を涼やかに彩る器や道具に目を向け、茶・酒・蕎麦、三つの切り口でご紹介いたします。

千利休が残した言葉に「夏はいかにも涼しきように」とあります。涼やかさは心くばりや工夫によって目や耳で感じることができるという教えです。ガラスや竹など、見た目も涼しげな素材で演出することも大切な要素のひとつです。器の他に、うちわや蚊遣りなど夏におすすめの道具も販売いたします。
涼の器と夏のしつらえで、四季のある日本に暮らす喜びを感じてみてはいかがでしょう。

Japanese utensils 2
Breezy vessels and summer wares

As a “one-man wholesaler”, linking creators and sellers, Ms. Akiko Hino has traveled the whole country in search of Japanese utensils. This exhibition, which follows from the previous year, features eye-catching vessels and utensils which promote the notion of cool refreshment at the summer dining table; introducing a set of three perspectives centered on tea, sake and soba.

In the words of Sen no Rikyu, ‘In summer, try to evoke coolness’. Teaching us that coolness can be felt with the eyes and ears through care and dedication. One key component to this is the use of materials such as glass or bamboo, which are cool to the eyes.
With breezy vessels and other summer wares, why not enjoy the joy of living in Japan as a country with all four seasons?

  • トークイベント 「茶・酒・蕎麦ー季節を楽しむ器の話」

    日時:6月25日(土)、26日(日) 14時~15時
    予約制:定員15名(無料)
    日本のうつわ事情に精通した日野明子氏に、産地の様子や作り手のこと、器の育て方や愛用の器など、器にまつわるあれこれをお茶やお酒のエピソードを交えてお話ししていただきます。
    ◎トークイベントに参加希望の方は、店頭またはお電話(03-5575-8429)にてお申し込みください。

  • <茶>
    <茶>

    暑い夏の日にいただく冷茶の味わいは格別。
    たっぷり氷を入れたグラスが、目にも涼しく暑さを忘れさせてくれます。
    ・急須/南景製陶園 ¥4,968
    ・茶筒/大阪錫器 ¥25,920
    ・茶匙/佐藤佳成 ¥2,160
    ・トレイ/川合優 ¥12,960

    <トップ画像>
    ・急須(白)/桑原哲夫 ¥7,560
    茨城県笠間市にて作陶。洗練されたフォルムの急須は水切れが良く、丁寧な仕事ぶりがうかがえます。
    青白磁、粉引を中心に土瓶や湯のみも届いています。

  • <酒>
    <酒>

    夏の晩酌はきりっと冷えた冷酒で一杯。
    手仕事から生まれるこだわりの酒器で味わえば、いつものお酒がいっそう美味しくなります。
    ・七輪/千駄ヶ谷デザインオフィス ¥5,346
    ・薬味皿/中田窯 ¥648
    ・徳利/木村硝子店 ¥2,052
    ・お猪口/貴古窯 ¥2,160
    ・利休箸/大黒屋 ¥1,404
    ・箸置き(5個セット)/FUTAGAMI ¥5,940
    ・折敷/川合優 ¥5,400

  • <蕎麦>
    <蕎麦>

    蕎麦、そうめん、冷麦など、さっぱりした冷たい麺類は夏の定番。
    ガラスや竹など涼感のある素材が食欲をそそります。
    ・蕎麦ざる/久保一幸 ¥8,424
    ・薬味皿・蕎麦猪口/中田窯 ¥756・¥1,188 
    ・おろし金/工房アイザワ ¥1,944
    ・ガラス鉢/ヒロイグラススタジオ ¥4,320
    ・箸/大内工芸 ¥702
    ・箸置き/Roji ¥648
    ・盆/輪島キリモト ¥19,980 

  • ヒロイグラススタジオ
    ヒロイグラススタジオ

    色の濃淡が美しいブルーのグラスには、柔らかな格子模様が斜めに施されています。ぐい飲みや小鉢など、表情豊かな手拭きガラスが揃いました。
    ・kouグラス ¥3,456
    ・ren 蕎麦猪口 ¥4,320
    ・ボウル(小)¥4,320
    ・ぐい呑み ¥4,320

  • 南景製陶園

    三重県四日市市にて、急須の製造を主とする萬古焼の窯元。鉄分の多い土でできた急須は、内側に釉薬を施していないため、お茶の味をまろやかにします。墨色のような色合いが美しく、手にしっとりとなじみます。
    ・急須(左)¥4,320
    ・急須(右)¥4,968

  • 佐藤 佳成
    佐藤 佳成

    北海道置戸町では豊富な木材資源を活かし、町ぐるみで木工品の制作を行っています。この地に工房を構え、ロクロを使った温かみのある食器や卓上小物を手がけています。
    ・銘々長皿 ¥4,104(大)¥2,700(小)
    ・菓子切り ¥1,080
    ・茶筒 ¥16,200
    ・コーヒーメジャー ¥1,944

  • スタジオ プレパ

    夫婦で営む長野の吹きガラス工房。ディテールを追求し、機能や素材感を素直に表現したデザインは温かみがあり、どこか懐かしさを感じさせます。
    ・ティーポット ¥23,760

  • 藤本 健
    藤本 健

    沖縄県南城市で活動する木工作家。クロヨナや南洋杉など沖縄の木を使った器を制作しています。個々の木の持つ特性が生かされた、力強さと美しさが融合した作品。
    ・ボウル(相思樹)¥17,280
    ・ボウル(アカギ/白漆)¥29,160

  • 家田紙工
    家田紙工

    明治22年に美濃手漉き和紙の問屋からはじまりました。岐阜の豊かな川文化から生まれた独特の透明感をもつ水うちわは竹骨に雁皮紙(がんぴし)という非常に薄い紙を貼り、専用のニスを塗って仕上げられています。
    ・水うちわ ¥7,560(土台なし)

  • くわな鋳物

    江戸時代からの伝統を受け継ぐ三重県桑名の鋳物技術とプロダクトデザイナー山崎宏氏が出会って生まれた蚊遣り。蓋には夏の風物詩をモチーフした図案が取り入れられています。
    ・蚊遣り ¥4,320

  • 須浪亨商店

    かつて全国的ない草の産地として知られた岡山県倉敷市茶屋町に130年近い歴史をもち、現在も手作業にこだわってい草のかごを生産しています。使用するにつれ、い草の緑は味わい深い深い茶色へと変化していきます。
    ・いかご(小)¥9,072
    ・瓶カゴ ¥1,728(小)¥2,160(大)